Top > 離婚の実態

離婚の実態

離婚とは、法的に婚姻関係にあった者が、その婚姻関係を解消することをいいます。離婚する場合、その夫婦に子供がいると、子供の親権や養育費の問題なども生じるので、子供のいない夫婦より離婚がしづらいといった印象があります。

しかし、離婚件数の中で、20歳未満の未婚の子(=親権を行わなければならない子)を持つ夫婦の離婚件数は、厚生労働省「人口動態統計」によれば、1980年には9万6千件、2003年には17万件と増加しており、離婚件数の約6割をしめる実態となっています。

離婚の際に、子の親権は妻が持つ場合が8割に達しており、この結果母子世帯が増加するという状況になっています。厚生労働省「母子世帯等調査」によれば、離婚を理由とする母子世帯数は93年に50万7600世帯、2003年には97万8500世帯と増加しており、母子世帯のほぼ8割が離婚によるものという実態があります。

 

 紅花そば  裁ちそば  深大寺そば
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
離婚の実態(2009年10月25日)
熟年離婚とは(2009年10月25日)
熟年離婚について(2009年10月25日)
熟年離婚されないためには(2009年10月25日)