Top > 熟年離婚されないためには

熟年離婚されないためには

結婚している夫婦関係は、良い時もあれば悪い時もあります。夫や妻と良好な関係を保っている夫婦なら悩みはありません。しかし、喧嘩や浮気などで二人の関係が悪化してしまうことがあります。夫婦で問題を解決しないと余計に関係が悪化して離婚の危機を迎えてしまうことがあるのです。

お互いが修復できると感じていれば離婚を回避することができますが、配偶者から「離婚して欲しい」と言われることで夫婦関係の修復が難しい状況となります。その時に「離婚したくない」と感じるのです。離婚を回避する為に別居する場合などもあるでしょう。

愛情が残っている以上、「離婚したくない」と思うことは当たり前なのですが、相手に受け入れてもらえなくて悩みます。離婚したくない気持ちから態度を改めてみたり、接し方を変えてみたりしますが、余計に気持ちが遠のくこともあるのです。このような状態では修復どころか夫婦の溝は深まるばかりです。

夫婦の険悪な関係を修復するには、相手の気持ちを読むことが大切です。相手が「離婚したい」と言うなら、離婚したい原因や理由の根源を探る必要があります。

他に好きな人の存在があったり、夫婦間に些細な原因があったりするのです。原因や理由を理解しないで仲直りや修復は出来ないものです。離婚したくないなら夫婦関係を修復するために配偶者の気持ちを理解して、態度や接し方、気持ちの距離感や温度差に注意する必要があるのです。

 

 発酵黒にんにくマカの効能  楊名時太極拳  国際電話の掛け方
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
離婚の実態(2009年10月25日)
熟年離婚とは(2009年10月25日)
熟年離婚について(2009年10月25日)
熟年離婚されないためには(2009年10月25日)